SSブログ

久々に野良人^^;、榾木の伐り出し、ニャンモニャイト 2014-12-21 [自然と農]

2℃。少しの違いで寒さが全然まし。
と朝は書いていたのですが、夕方からどんどん冷えてきて、蕪サラダにかけていたオリーブオイルが一部固体化、天気予報では明朝がやばいもよう。西日本平野部でも積雪とか。

そんな外界の天変もガラスのモニターに映る映像に過ぎないと、いつしか信じるようになった2頭のペット猫。
DSCF4206.jpg
ベッドの毛布がすっかりお気に入り。ひねもすニャンモニャイト化。(すんません、合体させました、何のことやらわからなくなりました)

久し振りに野良人してきました。 
DSCF4254.jpg
実家で椎茸の榾木(ホタギ・ホダギ)に使う原木の伐り出し作業の日。
榾木をわけてもらおうと、少しだけお手伝いに。
山の斜面でコナラや栗の木を伐採、その場で榾木用の長さ1mに切ってから運搬。 
DSCF4249.jpg
実兄がチェーンソーで伐採、切断。(甥っ子たちよ、君たちの父上は肋骨の骨折が癒えていないのに無茶を、もとい、現代日本の医療過依存(医者要らずの人まで巻き込むな!死ぬときは死ぬんじゃ)の総ペット化社会を嘲って自然治癒・自己治癒力の検証を体現しておられるよ
ぼくは義姉と切断した榾木を軽トラのところまで急斜面を運び出す作業。
細いのは軽いけど、太いのは重い(当たり前^^;)。
長さは同じでも重さは直径の二乗に比例するので、直径5cmの榾木と直径20cmの榾木では4倍ではなくて4の二乗の16倍!の重さになります。などと作業のしんどさをアピールしつつ、寒風(途中で雪がちらちら)に吹かれながら気持ち好い汗をかきました。 
DSCF4264.jpg
全部で60本ほど確保。推定重量1トン弱。軽トラで二回にわけて運搬。
ちなみに、チェーンソーのメンテ中に、ぼくも手鋸を使って6本(だけ^^;。一応1割分。チェーンソー恐るべし)切りました。
京都でも休日大工で合板とかなら鋸を使っていたのですが、繋がった丸太を切るのは鋸が食われてなかなか大変でした。腕は鈍り息は上がりと、ひつこく重労働をアピール。
 
ひと月程寝かせて乾燥させてから椎茸菌を植え付けるそうです。
榾木は五年くらい生えるそうなので、ぼくが八十歳(もうすぐ不治の病に罹るか、八十まで生きるかどちらかで七十代では死なない(^o^))で死ぬとして、後5回この作業をすれば、終生、自家栽培椎茸を食することができるぞ。
参考までに、市販されている榾木(椎茸菌植え付け済み)をネットで探すと、30cmの榾木が1404円(以下税込み)というぼったくり価格や、90cmが1480円とか2468円で売られていました。
うーん、ホームセンターに並ぶまでの作業の大変さを考えるとぼったくりとは言えない気がしてきました。
DSCF4276.jpg
野良作業の帰り、山道を歩いていると茸の群生に遭遇、
コナラの巨木の切り株の周囲です。
この写真以外にも、全部で数百本はありました。 
DSCF4277.jpg
茸に疎くて、どなたか名前を特定できる方がいらっしゃったらお教えください。
齧ってみると無味無臭というか特にやばそうな刺激は無いです。
栗茸かなあと思いつつ、本物の栗茸を知りません。

そんな外界の自然を見たこともなく、 
DSCF4193.jpg
鞠鼠ヤマネのように丸まった2頭のペット猫。
ヤマネは熊のような冬籠りとは違って本当の冬眠をする太平楽(褒め言葉です)な鼠です。 

厳寒と雪の試練を経た天然農園の野菜たちの様子を。 
DSCF4230.jpg
元気なほうの代表、桜島大根。葉がかちんこちんに凍みていたのに今朝は活力溢れる緑に。 
DSCF4227.jpgDSCF4222.jpg
左がかき菜、見かけによらず傷んだ葉は無し。収穫は春先。
右はコリアンダー(パクチー・香菜)、冬の間はロゼット葉になって寒さを乗り切り、暖かくなったら茎を伸ばすハズ。味はとても濃くなっていました。
 
DSCF4234.jpg
春を待たずに実らせたエンドウ豌豆。
可哀想なことをしたが、今のところ枯れずに花を咲かせている。
明日の予想気温氷点下4℃を乗りきれるや否や。
 
DSCF4229.jpg
味美菜や辛子菜(山葵菜?)は鮮やかな緑のままで元気。
ただ、季節柄あまり食べたい気になりません。
 
DSCF4235.jpg DSCF4236.jpg
左はニンニク大蒜。強壮薬になるだけあって、傷んだ葉は無し。
右は韮畑の端に植えている葉玉葱、要するに玉葱の芽が伸びすぎたので植えてやっただけ。
ときどき葱の代わりにカットして利用。 
 
DSCF4224.jpg
寒波を乗りきれなかった葉物も。
レタス類は軒並み枯死。
サンチュが息を吹き返すか枯れるか微妙。
これも自然の定め。

そして今日の収穫たっぷりは、 
DSCF4285.jpg
実家の畑からいただいた蕪、赤蕪、巨大人参や、
 
DSCF4286.jpg 
立派な葱。
写真ではわかりにくいですが長さが1m、茎も太いです。
下仁田葱を勧められたが、ぼくは青いところも好きなので、白葱・青葱どちらも利用できるこの優れものをいただいた。というか多過ぎ。

そんな飼い主の算段を知りもせで、 
DSCF4207.jpg 
冒頭と同じに見えますがの2頭のペット猫。
 
ps
和室は素晴らしい。
アメメのpee、しかも2度に亘ったのに今日はすでに臭くなくなりました。
臭いが自然拡散したもよう。微かに臭うけれど普通に我慢できる程度。
京都のマンション時代、去勢手術前のノルくんがスプレイした書斎は何年も臭かったのに。
寒い寒いとぼやいておりましたが、マンションの密閉性と木と草と紙の和室の吸収・拡散性、どちらも侮れず。アメメのお蔭で大切なことに気づくことができました。 
 
それでは皆様、
あ 有難いなあ
し 幸せだなあ
た 楽しいなあ

都市生活者も食材の自給を楽しみましょう(^_^)v
お年寄りや社会不適合者(儂のこと)や生活保護受給世帯よ、
天然農法で幸せな自給自足の生活を(=^ω^=)
読んでくださってありがとうございますm(__)m
後日に読んでくださった方も応援のクリックをよろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

 

nice!(16)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 16

コメント 8

green_blue_sky

たくさんのコケや野菜ですね。野菜はおいしそう。
見事なニャンモナイトですね。とてもきれい(^_^;)
まるちゃんは高齢です、今はやせてきていますが食欲は旺盛で元気です~
by green_blue_sky (2014-12-21 22:49) 

ojioji

green_blue_skyさま、ありがとうございます。
まるちゃんの、近づいてくるときの表情が、一心不乱というか食べ物にのみ焦点を合わせているというか、動きにくい身体で一目散にというか、そういったところがアメメとよく似ています。
いや、アメメがまるちゃんに似ていると言うべきでした。
by ojioji (2014-12-21 23:16) 

お百姓

キノコの名前の答えでなくすみません
私の頭では キノコ=難しい・怖い です

地域で差があるようですね、椎茸のホダ木京都北部では約半額です
でもシイタケ買って食べています

エンドウもojiojiさんに掛かれば四季成りなんですね



by お百姓 (2014-12-22 09:53) 

coconut punch

こんにちは(^-^)
山仕事、お疲れ様でした。
重労働も痛いほどよく分かります(笑)
我が家は結局45本(^^ゞ 来年、菌を植えます。

謎の茸は齧られたんですねΣ( ̄ロ ̄lll)
山でたまに謎の茸を見かけますが、怖くて口に出来ません(^^ゞ
ojiojiさんチャレンジャーですね(笑)

こちらも今日は雪の予報でしたが、
今のところ積もる程は降りそうもないです。

暖かくして過ごしましょう(^_^)v
by coconut punch (2014-12-22 12:58) 

cooper

ニャンモニャイトニャン、真ん丸で寒そうですね。
こちらでは、炬燵を使う家庭は少ないですね。部屋全体を暖めるので
ワン達は余程の寒さでないかぎり 四足投げ出しています。
もっとも、ニャンよりは暑がりでしょうが、家の中で飼っていると 
”犬は喜び庭 駆け回る” とは縁遠いようです。
by cooper (2014-12-22 16:19) 

ojioji

お百姓さま、京都北部でしたのですか(^_^)
勝手に関東方面かなあと思い込んでいました。
京丹波とかになられるのでしょうか。
ホダ木も地元でたくさん調達できるのでしょうね。

出荷しない気楽さで、思いつきをやってみております。
エンドウ、ささやかな収穫で食べてはおりますが、珍しいだけかも^^;
冬はやっぱり大根や蕪の季節でした。
by ojioji (2014-12-22 18:46) 

ojioji

coconut punchさま、ありがとうございます。
そちらも先日の原木伐り出し、お疲れ様でした。
ぼくのは普段怠けていて、偶の力仕事でお恥ずかしい限り。

茸、少し齧って味をみるだけですよ。
猛毒茸三兄弟だけ覚えたので、あとは少し食べたくらいなら腹を壊す程度と高を括っているかもしれません。毒茸で死ぬのも釈迦牟尼みたいでよいかもです^^;。

雪はだいじょうぶでしたが、寒さがすごいですね。
今もぐんぐん気温が下がり中です。
by ojioji (2014-12-22 18:56) 

ojioji

cooperさま、北海道のほうが家の中は暖かいというのは本当なのですね。家の造りも保温万全の冬仕様なのでしょうね。
ぼくの家をセントラルヒーティングにしたら、熱は屋外に消え放題の昔ながらの日本建築です。
ニャンモニャイトたちはぼくの掛毛布を敷布団にして、これ以上の贅沢はございません。
by ojioji (2014-12-22 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。