So-net無料ブログ作成

紫蘇の実もトマトも豊作 2014-10-11 [自然と農]

久し振りに起床時の小便に色が付いていた。たぶん四月以降で初めてかも。
生姜の食い過ぎか、干しアミのオリーブオイル漬けの摂り過ぎの気がする。
酒の飲み過ぎではないことだけは間違いない(^^)v
躰の命ずるままに、今朝はワインではなく梨を食べた。

昼過ぎまで、実家(老母)の室内の模様替えというか家具の移動の手伝いに。
親戚の叔父と箪笥類を幾つも運んだ。

実家は、仏式の位牌から先祖の霊を神式の霊璽に遷す遷霊によって正式に仏教から神道に遷っており、仏壇が不要に。かといって、気持ちの上で廃棄しにくいもようだったので、ぼくが貰いました(^^)v。
わが家のリフォームした離れに搬入。
キャット・ハウスにと思ったのですが、田舎のこととて、見かけたひとが腰を抜かしたらまずいので、観音開きのお洒落な棚として利用する予定。

実家から戻ると、にゃんズは寝室でも廊下でも惰眠を貪り中。
本当に気持ち好さそう。
DSCF2550.jpg
みうめはぼくの椅子で熟睡。
ノルくんが唯一、人恋しそうに寄ってきた。
DSCF2552.jpg
少しは寂しかったのかな。
半日あまり留守にするのは久し振りの気がする。
他の猫たち、もっと心配しろよ。
いや、この自然体が不安や悩みと無縁の秘訣。
人間こそ、この姿勢を見習わなくては。
少々行方不明になっても、帰りを待てばよし。
ずっと帰らなければ何かあったんだなあと、居ない暮らしを送るのみ。
と猫から学びつつ、猫に肖って午睡(^O^)。

天然農園から今日は、
DSCF2562.jpg
脇芽を挿したトマトたち。
支柱で仕立てていないので、地這いトマトに(^_^;)。当時、支柱が足りなかっただけ。雑草や他の野菜に埋もれている中から熟れたのを見つけるのが大変。

DSCF2553.jpg
これくらいで収穫しなくてはならない。完熟させると人より先に土の中の虫?に食われてしまう。
そして、畑で撮った今日の収穫たっぷり。
DSCF2569.jpg
庄屋大長茄子、ぼくの食べるペースに合わせて生ってくれる。
ミニトマトがたくさん熟れ過ぎ。食べ切れないのでお裾分けした。
大玉トマトは6つくらい余裕で食べられる(^_^)。
DSCF2572.jpg DSCF2571.jpg

大木に育った青紫蘇(大葉)が花から実に。
DSCF2563.jpg
トマトや空芯菜と混植のため、青紫蘇の緑の中にミニトマトの赤や黄色が。
野菜の密林みたい。
ふと、実を保存食にすることを思い立った。
DSCF2574.jpg
早速、鋏で穂を阿呆程収穫。
畑で撮ると、様々な緑が混じって一幅の絵画のような趣が。

青紫蘇の実をしょうやくし始めたのが6時半頃から。
柳亭市馬師匠の落語を聴きながら、穂から実を扱いて取る作業。
「掛取り」「付け馬」あたりまでは落語の快演同様楽しく進んだ。
「芋俵」あたりから、開始時間をしくじったことに気づいた。稲扱き(脱穀)に当たる作業を手で行うわけで、思いの外、時間のかかることに気づいた。というか、収穫量が多過ぎ。
DSCF2585.jpg
市馬師匠の「味噌蔵」が終わる頃にやっと実を取り終われた。時刻は既に9時前に。
量ると500gも!!

DSCF2586.jpg
半分を塩漬けにすることにした。10%の塩で水が上がるまで漬けてから保存。
残りを、めんつゆ漬けと朝鮮風醤油漬けとに。
結局、終了したのが夜10時。
それから晩御飯を済ませて、このブログ記事に取り掛かれた。
〜日記おわり

それでは皆様、
あ 有難いなあ
し 幸せだなあ
た 楽しいなあ

都市生活者も食材の自給を楽しみましょう(^_^)v
お年寄りや社会不適合者(儂のこと)や生活保護受給世帯よ、
天然農法で幸せな自給自足の生活を(=^ω^=)
読んでくださってありがとうございますm(__)m
後日に読んでくださった方も応援のクリックをよろしくです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 2

cooper

仏壇→キャットハウス→お洒落な棚 (◎_◎;)
ojiojiさんは大胆な発想をなさる(^-^;

家族(猫さん達)のためにも お体お大事に。
by cooper (2014-10-12 10:17) 

ojioji

cooperさま、ありがとうございます。身体は半日でだいじょうぶそうに戻りましたm(_ _)m

仏壇、役立てて大切に使ってまいります。

現代日本では死んだ人は人権消滅で無になって、生きた人の権利だけ守られる法律みたいですが、
ぼくは生きた人はどうでもよくて、死んだ人こそ愛おしくて親しみが湧きます。
死者の人権を生者と同等とする法体系なんて出来たら素晴らしい(^O^)、さぞかし奥床しい社会になるのではと夢想しております。
by ojioji (2014-10-12 20:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます